気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BACCANO!-バッカーノ!- 第9幕「クレア・スタンフィールドは忠実に職務を遂行する」
前回と打って変わって、ものすごいグロっ!(゜Д゜|||)

BACCANO!(バッカーノ!) 01 BACCANO!(バッカーノ!) 01
小野坂昌也.あおきさやか (2007/10/24)
アニプレックス

この商品の詳細を見る


ニューヨークへと向かう大陸横断鉄道の車内で、ついに最強の殺し屋「葡萄酒(ヴィーノ)」が動き始めていた。彼の正体は?そして彼の目的とは?


人畜無害そうな顔してたから騙されたー!!
前回の次回予告でなんとなく分かってしまったものの、やっぱり衝撃は大きかった…。
若い車掌=クレア・スタンフィールド=ヴィーノ=レイルトレーサー、だったんですね。爽やか青年かと思いきや…。彼が「若い車掌」としか言われてなかったにも拘らず、ちゃっかりOPの目立つところにいた理由が分かりましたよ…(´∀`)

殺されそうになった瞬間、ちょっと気弱そうな顔から一気に不敵な顔になって逆に容赦なく殺っ!
セリフと合わせて銃を蹴り上げるシーンは構図が上手くて思わず笑ってしまったんですが、笑ってる場合じゃなかった。
血が飛び散ったー!!∑(´Д`;)
でもこれはまだ序の口。「ヴィーノ」の本領発揮は、この後でしたよ…。うぇあああ、グロい…。これ地上波だったら確実に規制に引っかかってますよ…。
しかも今回両親がなぜか布団に入らずリビングでうつらうつらしてたので、私は別の意味でハラハラ。音は小さく、画面は両親から見えないように自分の身体を盾にしてました(´∀`;)

若い女性にそんなもの見せちゃダメですよ、ラッド…(ノд`)
クレアが殺った仲間の死体を見て大興奮なラッド。足を踏み鳴らすたびに服に血が飛んでます! というか、さすがに仲間も気持ち悪そうにしてるのに気づいてない!! ルーアのことも気づいてない!!! 興奮しすぎ!!!! ルーアとの甘ーい(?)会話があったのは嬉しいですけど(ラッド的にはあれかなり甘いですよね)。

「切符を拝見…」…て、怖いから…(((゜д゜)))
ニコラスは「プッ」とか笑ってましたけど、あの状況でそんなこと言われたら悲鳴あげて逃げますよ!

「食堂車の人たちを皆殺しにしてくれないかな♪」

( ゜Д゜)
チェ、チェス君、意味分かって言ってる…? そーんな子供らしく可愛く、何言っちゃってるの…? そのブラックジョーク笑えないよぉ! …………本気なんだろうな…orz
実年齢は百歳を軽く越しているとはいえ、あの外見で言われるとキツイです。さすがにラッドもびっくり。
クレアは歪んだ正義感の持ち主だというし、多分この発言のせいでチェスはクレアに1回殺されたんでしょうねえ。陰から見ているクレアが…(´Д`|||)ヒイィィ

1930年の方では、セラードに捨て駒として不死者にされたダラスたちが本格的に動き始めたし、ますます目が離せませんね!

次回「チェスワフ・メイエルは不死者の影に怯え策略をめぐらせる」
今回本編では出てこなかったバカップルは相変わらずノリノリ!

スポンサーサイト

テーマ:BACCANO!-バッカーノ!- - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
バッカーノ!2フライング・プッシーフット号が到着したニューヨーク。デイリー・デイズ新聞社社長は、列車に乗っていた情報屋の無事の帰還を喜んでいた。時は少々遡る。大陸横断鉄道の車内では「葡萄酒(ヴィーノ」ことクレア・スタンフィールドが、行動を開始した。皆に....
2007/10/06(土) 15:09:46 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
BACCANO!-バッカーノ-についての最近の情報です。
2007/10/12(金) 09:01:24 | 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第三倉庫 アニメ・漫画作品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。