気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- エピソード:第01話「共鳴 ―つないだ手―」
世界観が分かりませーん(´Д`;)ドラゴノーツってなにー?


2年前の月行きのシャトルが墜落するという事故から、ただ1人生還したジン。しかしその事故で家族は亡くなり、シャトルのパイロットが父だったために世間からは非難と好奇が入り混じった視線を向けられる。孤独を感じるジンだったが…。



新アニメ第2弾~。

何かが飛んでくるのが画面に出てきた瞬間、シャトルの末路は分かりましたが…本当に衝突しちゃった…(ノд`)
ジンは2年前はあまり好きな顔じゃなかったんですけど、成長して髪が少し伸びたらなかなかかっこよくなりましたね。

OPは…途中までジンの存在が薄過ぎる…。

親戚に引き取られたもののあまり上手くいってない上に、世間の冷たい反応もあって、後ろ向きに「ひとりは寂しいよ…」とか呟いて学校サボっている(よね?)ジン。
そして夜、運悪く変な化け物の殺人未遂現場に遭遇。
というか、危険察知能力はないのか…(ノ∀`゜)゜。
いくら暗かったからとはいえ、変な音もしているあからさまに怪しい雰囲気の中に踏み込んでいくなよ! ジンみたいな人は、こういう話の中では命がいくつあっても足りませんって…。

化け物に襲われ、さらに高いところから落ちた大ピーンチなジンを救ったのはトアと名乗る少女。そして2人は恋に落ちましたとさ。
あまりにも突然だったからビックリだよ…(´・д・`)
トアと向き合った瞬間、「僕はひとりではないと感じた」って言い出すんだもの。何かきゅぴーんと通じるものがあったんでしょうかねえ。それとも本当にただの一目惚れ?

なんというか、わさわさ登場人物が出てきて、専門用語も連発で、しかもろくな説明もないのでよく分からないんですが…。まあそれは話が進むにつれて分かっていきますかね。
ひとまず様子見ながら視聴しようかと思います。

次回「逢瀬 ―動き出す世界―」

スポンサーサイト

テーマ:ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。