気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精霊の守り人 第二十六話「旅立ち」
タンダはまた待ちぼうけか…(´д`)

精霊の守り人 4 精霊の守り人 4
安藤麻吹、安達直人 他 (2007/09/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


無事に守り人としての義務を終えたチャグムは、ついに宮に帰る。そしてそれは、バルサとの別れを意味するものでもあった。


最終回です!

「皇子の悲しむ顔は見たくありません」

モン&ジン、ナイス!∑b(`∀´)
まだバルサ抹殺を諦めてなかったんですねー。帝の命令だからそう簡単に諦めちゃダメなんですが、それでもバルサを殺そうとするなんて…!
もともとシュガたちはあまり乗り気じゃなかったので、モンとジンの言葉で止めてくれました。よかったよかったσ(´∀`)ホッ

都でチャグムは両親と再会。お母さんとの再会は感動的でしたが、帝とのはねえ…。やっぱり調子いいなと思わずにはいられません。帝もちゃんとチャグムのことを心配していたのは分かるし、好きで息子を殺そうとしていたのではないことも知ってますけど、それでも一言ぐらい謝るなりしましょうよ。しかも「英雄として~」とか言ってますしね!
まあでも帝だし、国のことを1番考えなきゃいけない立場だから…仕方ない…のか?

バルサ姐さん、タンダの見合い話スルーですか(ノД`゜)
そんなあっさり…。でも風呂から出た後、ちょっと憂いのある顔でタンダを見てたからやっぱり気になってるんですよね?ね?
タンダは顔も整ってるし性格もいいから、女にはモテると思うんですよ。本人はそういう好意に鈍そうだから、今までそういう話が出てなかったのかもしれませんけどね。バルサ姐さん、うっかりしてると危ないですよ! タンダって押しに弱そうだから!!(´Д`;)

「俺、やっぱり皇太子になんかなりたくないよ。
 ずっとバルサと旅していたいよ。
 バルサと離れたくない!」


チャグム…(´;ω;`)
式典でチャグムが密かにぐっとこぶしを握り締めてるのが切ない~。皇太子からただのチャグムになってバルサに抱きつくところは、本当に切なすぎです。バルサとの生活は、チャグムにとってかけがえのない思い出なんですよね。
バルサが試すようにチャグムに「逃げるかい?」と訊いて、チャグムが断ったところは彼の成長をよく表してます。何だかんだ言っても、チャグムにはもう皇太子としての責任感があるんですね。
「さよなら」と言うときのチャグムの顔が…(つД`゜)゜。

で、最後はバルサはカンバルへ。
タンダは精霊の卵が無事に孵ったことを示す久しぶりの雲を見上げながら、バルサ待ち。見合いは?
『精霊の守り人』終了です。


全てにおいてハイクオリティ。画は映画かと思うぐらい毎週気合が入っていたし、話もオリジナルが上手く原作と組み合わさってたし、声優も合っていて音楽も綺麗でした。なので毎週安心して見れた作品です。
原作はこの後もまだまだ続きますが、続編はあるんでしょうか? やってほしい気もしますけど、でも綺麗に完結してるからいいかなとも思ったり。それに確か、2作目の『闇の守り人』はバルサ以外の守り人メインキャラ出ませんしねー。個人的にはかなり好きな作品なんですが…。
それは置いといて。スタッフさん、半年間お疲れ様でした!!

スポンサーサイト

テーマ:精霊の守り人 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。