気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ… section24「地球の緑の丘」
皆お疲れ様でしたぁ!。(ノД`゜)゜。

地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】 地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】
斎賀みつき .杉田智和 (2007/10/03)
アニプレックス

この商品の詳細を見る


ジョミーはついにグランドマザーと対峙する。そして明かされるミュウの真実。全てを知った上で、ジョミーとキース、ミュウと人類は何を選択するのか――。


ジョミーとキースの死は予想していたとはいえ、あまりにもメインキャラが死にすぎた衝撃的な結末のために、心を落ち着けるのが大変でした(゜´д`゜)

事実を知らせ、自分たちの意志で人として立ち上がるよう、キースが人類に向けたメッセージ。
キースはやり方は色々問題がありましたけど、それでも人類のことを誰よりも考えてたんですよね。だから余計にミュウの手を取れなかった…。どうでもいいことだけど、キースかなり早口。本当に時間足りなかったんだな…。

「生まれて初めて、自分のやりたいようにやったまでだ」

キースの心からの笑顔。初めてしがらみを捨てて心のままに行動したんですね…(つд`)

グランドマザーに殺意が…(`д´)
キースを刺した上に、不意打ちでジョミーまで刺すとは…! グランドマザーはプログラムに従っていただけと分かっていても、許せない~!!

目まぐるしく変化していく状況に、それぞれの意志で行動する人たち。
セルジュがキースからの言葉で目がウルウルした時、こっちも一緒にウルウル。セルジュ、お前本当にいい子だよ(つд`゜)

今までジョミーを陰から支えてくれたリオがまさかあんな死に方をしてしまうなんて…。ジョミーを助けに行ったんだから、せめて最後に一目だけでもジョミーに会わせてあげたかった…(つД`゜)。

漢だグレイブ!! (゜´∀`゜)
まさかここで彼が登場するとは…。シリアスな展開でしたが、一瞬ぽかーんとしてしまいましたww いやでもほんと、素晴らしい最期でした。初めて出てきた時は目茶苦茶嫌味な奴だとしか思ってなかったんですが、まさかこんなにかっこいい人だったとは。ミシェルと一緒にお眠りください…。

長老たちがまさか死んでしまうとは…(ノД`゜)゜。 それでも彼らがとても満足そうだったのが救いです。次の世代のために、未来のために…。ジョミーに色々文句を言ったりしてましたが、それでも頼りになる人たちでした(´;ω;)

フィシスは、多分彼女としては死んだ方が楽だったんでしょう。でも長老たちに未来を託され、子供たちを任された今、前向きに頑張って欲しいです。トォニィを引っぱたいたときぐらいの気概で。

「お前は次の時代を生きろ」

トォニィが必死でジョミーにしがみついて、「イヤだイヤだ」と言っているのが悲しすぎて…。考えたらトォニィだってまだまだ子供。次から次へと大切な人が死んでいき、そして生きる意味であったジョミーが死んでいこうとしているのに、人類を含めた全てを任されても辛すぎるだけですよね。それでも「お前は強い子だ」と、「人類とミュウは共に手を取り合え」とジョミーが言って補聴器を手渡した時には私もボロ泣き。ここまで言われてしまったら、行かないわけにはいきませんよ…(つД`)

トォニィが皆を助けるために行った後のジョミーとキースの会話がさらに涙を誘う…。

「お前に会えてよかった」
「僕もだ……」

「キース……箱の最後には、『希望』が残ったんだ――……」


やっと通じ合えた2人。人類たちの未来を心配するキースに、大丈夫だと、そう言って眠るように逝ったジョミー。

「最後まで私はひとりか……」

そ、そういうこと言わないでください…(ノД`゜) そして崩れた岩に押しつぶされたキース…。・゜・(゜´Д`゜)・゜・。

トォニィが補聴器をつけてセルジュたちと一緒に力を合わせたのには、頑張ってると嬉しくなりました。あんなに人類大嫌いだったトォニィが成長した…。

「ありがとう、ジョミー。
 あなたのおかげで、なぜ命が紡がれていくのか分かったよ。
 そして、何が大切なことなのかも――」


最後に出てきた、綺麗なテラ。あれは人類がいなくなって汚染されることもなくなり、静かに再生していった未来のテラなんでしょうか――。


展開はかなり駆け足だったし、色々突っ込みたいところはあるんですけど(機械に頼りきっていた人類がそう簡単にひとり立ちできるのかとか)、それでも綺麗な結末だったし満足です。
原作がかなりの名作だっただけに、スタッフさんのプレッシャーも相当なものだったと思いますが、それでも丁寧に話を進めていって締めてくれました。このアニメのおかげで『地球へ…』という作品に出会えてよかったです。本当にお疲れ様でした。

アニメも終わったし、原作の3巻読みます∑b(`・ω・´ )グッ

スポンサーサイト

テーマ:地球へ… - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。