気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精霊の守り人 第七話「チャグムの決意」
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) 精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)
麻生我等 (2007/06/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る



バルサとの新たな生活を始めたチャグム。少しずつ市井の様子を知っていく彼は、生きていくには何をするにもお金がいることを学ぶ。そこで彼はある決意をするが…。

んん~。本当にのんびりやってるなあ…。面白かったんですけど、今回あまり話が進んでないというか何というか…。そろそろ話を動かしてほしいです。まだ『水妖』のこととか分かってませんし。

今回チャグムが1人で生きていこうと決意してましたが…、ごめんチャグム。無理だわそれwwバルサたちと一緒に爆笑してしまいましたよ。本人は自信満々でしたが、明らかに無理です。もっと世間を学んでからですね。最後はバルサが「ここにいていいんだよ」みたいなことを言って丸く収まりました。

好きなシーンは、バルサ・チャグム・タンダが家族に間違えられたところです。タンダ×バルサは好きなので、ニマニマしてしまいました。原作では2人の外見が外見だったのでスルーしてましたが、アニメではバルサ美人だしタンダもヘタレな感じなので、2人の会話を聞くたびにクフフとなってしまいます。ヘタレな男に強い女の組み合わせは好物です!

最後にシュガが乾きの相が消えていないことに気づいたので、話が動き始めるかな?さり気に皇太子が咳き込んでましたし。

次回「刀鍛冶」
あれ、こんな話ありましたっけ?原作を読んだのは何年も前なので覚えてません。また話が進まなそうな気配が…。そろそろ剣戟アクションも見たいです。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
守り人について
コメントお邪魔します。

精霊の守り人は、6話くらいからオリジナルストーリーに入ってますよ。これから約12話分ほど、それれぞの色んなキャラにスポットを当てた1話完結型、いわば攻殻機動隊SACと同じような作りに入っていくと思います。
1話完結にしつつ、本筋に少しずつ触れるという手法ですね。
あまり話を進めてしまったら、あっという間に終わってしまうので(原作もすでに半分終ってます)
アクションも、中盤はあまりないですよ。
これも原作通りなら、狩人戦とラストバルの二つしかないので。
2007/05/24(木) 05:43:18 | URL | まち #-[ 編集]
遅くなりました(汗)
コメントありがとうございます!
6話からオリジナルだったんですね~。原作読んだのが7…8年前だったのでわかりませんでしたe-263確かにこのまま行けばすぐに終わりますね。そういう予定でいくのだとわかれば、私ものんびり見ようかと思います。絵は綺麗だし、キャラはみんな好きなので。情報ありがとうございました!
2007/05/28(月) 22:29:19 | URL | 皐月 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。