気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ… section16「赤い瞳 蒼い星」
カリスマ王子、フェロモン垂れ流しすぎです!!

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】 地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
斎賀みつき.杉田智和 (2007/08/08)
アニプレックス

この商品の詳細を見る


キースの指揮下でついにミュウ殲滅作戦が動きだした。一方危機感のない若者たちはナスカから動こうとせず、ジョミーは悩む。時を同じくして、トォニィにつられるように昏睡状態に陥る子供たち。ミュウ最大の危機は、刻一刻と近づこうとしていた…。


今回はブルー×フィシスがメインですね!管理人は今回でブルーがお亡くなりに(…)なると思ってたので覚悟してたんですが、そこまではいきませんでした。

ブルーの回想から。フィシスと出会い、彼女の中にある地球を見てから、ブルーの地球帰還という目的は定まったようですね。
というか、ブルーがさりげにちょびっと泣いていたことに衝撃を受けたんですが!そんなにフィシスの浮気(違)がショックだったのか!!ブルーを悲しませることと、悲しげなブルーの頬を両手で挟みこんでるのと相まって、フィシスに嫉妬しちゃう(`Д´) フィシス好きですけどね。
ブルーとフィシス、アルフレートの目も構わずにイチャイチャ。スキンシップ多いですね。何より、ブルーの物腰がいつも以上に「王子」になってるんですが。セリフもすごいです!

「ただいま、僕の女神」
「君は力が特別なんじゃない。存在自体が、特別なんだ」


ちょwwwwあの顔で(しかもドアップ)、あのとろけそうに甘い声で、こんなこと言われたら、ショック死or理性がぶちきれますから!!私の心臓のためにも、もうちょっとフェロモンを抑えてください…(´Д`*)
ブルーの言動に頭が真っ白になりつつも気になったのは、フィシスのセクハラ行為。崩れ落ちるのはいいんですが、何故手をススーッとブルーの身体に…というか、胸はまだしも足は明らかにセクハラですよ…(´Д`;)!爺のフェロモンのせいで、フィシスの理性がちょっぴり切れた。
自分がキースを逃がしたから、自分がナスカは希望だと言ったから…。全てを自分のせいに考えるフィシスに、「僕が皆を守るよ」と言うブルー。そんな彼の心中は…

「地球を、見たかった……」

…なんでそんな死ぬ気満々なんですかーーーー!!∑(゜Д゜)
いや寿命が近いのはわかってますがね!?でもそんな後ろ向き思考やめてくださいよ、泣けるじゃないですか!「僕は生きて、地球を見る!」な勢いでいてくださいよ~(つД`)゜。

その頃、ミュウの若い世代は全くもって危機感なし。「人類がこんな辺境の星に構ってられるか」とか言ってますが、…メンバーズが「こんな辺境の星にたかが事故調査で来た」時点で危機感持ってくれよ(´Д`∥)
そんな若者たちとは裏腹に、ナスカで生まれた子供たちがトォニィにつられるように昏睡状態になってしまったことで、ますます危機感を募らせるジョミーと長老たち。そこにブルーが現れます。

「僕はもうただのブルーだよ。ソルジャーは君だ、ジョミー」
「うつむくな、ジョミー!君がうつむけば、皆がうつむく」


はっきりした引退宣言には、何故だか涙が(つд`)゜。。 ブルーの助言に、ジョミーもしゃっきとして若者たちに「ナスカから脱出するように」と言ったみたいですね。ここら辺の経緯はスパッと抜けてましたが、多分。でも危機感のない彼らは、6割がナスカに残ったまま。それを眺めながら、話すブルー・ジョミー・ハーレイ。この時に目がいったのは、身長差。本当にジョミーのほうが高いんだーと思ってたら、一緒に見てた姉が「ブルーってジョミーより低いんだ…っ」と衝撃を受けてました。目がいくところは皆同じ(*´艸`)
この時にブルーがジョミーに聞こえない思念波でハーレイに「ジョミーを頼んだ」という遺言的なことを言ってて、再び涙が(´;ω;`) ハーレイもさすがに動揺してたし、ジョミーも何か感づいてましたね…。

その後若者たちを説得しに行くことにしたジョミーとブルー。そこでフィシスがやってきて、再びブルーとフィシスは2人の世界に。不安を感じるフィシスを優しくなだめながら、補聴器を手渡すブルー。

「すぐ戻るよ」
「帰ってきたら…また、君の抱く地球を見せてくれ」


嘘つきーーーーー!!・゜・(゜´Д`゜)・゜・
いい男の「すぐ戻ってくる」は信用するなといいますが、本当ですね…(´;ω;`)

ミュウがわたわたしている間、マツカの船で戻るキース。そこでマツカは前回思念波で語りかけてきたミュウたちが、自分の仲間ではないかと気になってキースに訊きます。しかしそこでキースが「化け物」発言とかしたため、切れたマツカ首絞め。夫婦の修羅場、修羅場。結局キースに上手いこと言いくるめられましたけどー。ちなみに、ミュウを馬鹿にする発言をしてたキースですが、…前回ブルーにびびってた君が言うことじゃないよ。もう1回ブルーの前に行ってこーい!
その後、いまや精鋭となっているかつての教え子たちと再会し、彼らを連れてナスカのあるジルベスター星系に。そこで最終兵器・メギドを持ち出したキースは、発射!
その瞬間目覚め、「ナスカが…燃える」と言うトォニィ。
接近するメギドの炎に気づくジョミーとブルー。
そうはさせじと一瞬で宇宙に出て、シールドでメギドの炎を阻止したブルー。

「ブルーーーーーーー!!」

ここで今回は終了。なんてところで終わるんだ(ノД`)
また長くなってすいません(´д`;) 管理人ブルー大好きなもんですから、ついつい長くなっちゃうんですよ。多分次回も長いです。

次回「永遠と陽炎と」
ひとまずすぐには死なないらしいブルー。あんまり無理しないで、爺!というかジョミー、叫ぶ前に助けに行け!
次回は本当にハンカチスタンバイで臨みます(つд`)゜。

スポンサーサイト

テーマ:地球へ… - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
こんばんわーwww
来ちゃいました~!!(*´Д`*)
お世話になっておりますww

皐月さんの文章の端々から爺愛が滲み出ていて素晴らしいですwww(*´∀`)

早速ですが、リンクさせて頂きました!!
今後とも、どうぞ宜しくおねがいします。

2007/07/27(金) 22:17:51 | URL | カシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。