気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ… ナスカ篇最終決戦直前 特別番組 
ブルー祭りww(´∀`)ノノワッショーイ

地球へ… 1 (1) 地球へ… 1 (1)
竹宮 惠子 (2007/04/06)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】 地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
結城信輝 (2007/08/08)
アニプレックス

この商品の詳細を見る


いやあ~東京MXが見れてよかったです!17時からって大学だから見れないしっと思いつつ録画したのをやっと見ました。でもなんでTBSではやらないんでしょ?時間枠取れなかったのか?

特別番組ってどんなのかな~と思って見始めたら…
「ミュウの長ぁ…彼の名はぁ、ソルジャー・ブルー…」

(゜Д゜) …え、なんでブルーのドアップから始まってんの?まさかついに主役交た…ゴヘゴフゴホ

その後もブルーのブロマイド集ならぬ映像が繰り広げられ、うれしいんだけど主人公は何処と思ってしまいましたよ。それでタイトルをよーく見たら、その下にサブタイトルが!
toward the last moment of soldier blue

つまりこれ、ブルーのための特別番組ですね?

予想外だったのでうれしかったです!「the last moment」が気になりましたが、ブルーがたくさん出てくるならノープロブレム(´v`)

タイトルの後は、若本節炸裂のナレーターで『地球へ…』の大まかなあらすじ説明。
そして原作者・竹宮さんが語る製作裏話。少女漫画では描けないものを描いた、当時は地球から宇宙へ出る話は多かったので地球へ帰る話にした、そのために人間がダメダメだから地球に住めなくなったという設定にした、だそうです。原作未読なので、『地球へ…』が少年漫画誌に掲載されていたのに驚きました(^_^:)

そしてキャラ説明。ジョミー、フィシス、キースの順番。キースの説明のときにさりげなくネタバレ(キースの最終的な立場)してて、「おいっ」と思ってしまいました。
そして最後に来たのは、我らが先代カリスマソルジャーでっす!
いやいやさすが、扱いがVIPですよ。「連載当時から最も人気を博して…」とか「この物語の象徴とも言うべき存在」とか、ナレーターがすごい!映像もすごい!!ブルーしか見えない!!!
なんつーかもう、今までのブルー欠乏分を補うかのような勢いです。

次が今までのアニメ版テラのダイジェスト。名づけて、<ソルジャー・ブルー三部作>。途中全然出番ないけどね!
こんなことあったよな~、ジョミーがまだ子供、ううっシロエ…と懐かしくなりました。
ついにブルーが目覚めるという14話の最後で終わり、ここでコンセプトデザインにインタビュー!竹宮さんと話していたときに、最初から長編と決まってたらブルーは死なせてなかった、ブルーが1番好きという話を聞いて、アニメのアイデアが閃いたようですよ。つまり、竹宮さんが最初から長編のつもりで描いていたらどうなっていたかを考える。
監督もいくらなんでもすぐにはジョミーも指導者になれない、だから彼に手本を見せて導く人が必要だということで、ブルーを延命させたようです。

15話のキースVSブルーの話もチラッと出て興奮していたら…
あのブルーの今後の台詞集って反則じゃないですか!?
(;ω;) 目が潤む…

ここら辺はかなりネタバレになるので書きませんが、音楽とあいまって切ない気分になりましたよ~。最後もブルーの映像と台詞をあわせながらOPがバックで流れてて、涙腺が緩んだ…。あれ反則、ただでさえ最近涙腺緩いのに!

台詞からブルーの最後がなんとなく想像できたんですけど、おそらく16話で死ぬようですね…。悲しいですが、しっかり彼の最期の戦いを見ようと思います(;ω;)ウッ…

ということで特番は30分ながら、ブルーファン的にはかなり濃い内容でした。今日の夜あたりに15話見まーす(`∀´)
ちなみに管理人、ストレス溜まっている所為か壊れ気味ですが多めに見てくださいw今までが堅すぎともいう

スポンサーサイト

テーマ:地球へ… - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。