気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズ オブ ジ アビス 第12話「水の都」
ピオニー陛下&フリングス将軍キタ――(゚∀゚)――!!

テイルズ オブ ジ アビス 1 (Blu-ray Disc)テイルズ オブ ジ アビス 1 (Blu-ray Disc)
(2009/02/20)
鈴木千尋ゆかな

商品詳細を見る


ようやくグランコクマの近くまで来た一行。ジェイドが陛下と会って事情を話している間森で待っていたルークたちは、六神将ラルゴとシンクの襲撃を受ける。さらにカースロットで操られたガイも、ルークに襲いかかってきて…。


シンク&ラルゴ襲来!!
キムラスカとの関係が悪化しているため、ジェイド以外のメンバーは森で足止めを喰らうことに。皆おとなしく待っていましたが、ゲームだとこの時アニスが謎の行動を取っていたのがかなり印象に残ってるんですよね~。皆が輪になって座っている後ろで、何故か木を殴り続けていたアニスw 画面の上でアニスが左右に動くのと同時にドゴンドゴン凄い音が聞こえてくるし、イオン様はそれを隣で見守ってるし…。あれは一体何だったんだ(^ω^;)
皆がまったりしている時にシンクとラルゴが一行を襲撃。シンクによってカースロットを発動させられたガイも、正気を失ってルークを攻撃。途中でジェイドが救援に駆けつけてきたため助かったものの、ガイは気絶。そこでイオン様がカースロットを解くことに。
本来なら導師にしか使えないはずのダアト式譜術の一種カースロットを解くには、当然ダアト式譜術を使わなければいけないわけで。体力をかなり消耗するダアト式譜術は、体の弱いイオン様にはキツイんですよね…(´ω`) だからイオン様も緊急時以外には使わないし、アニスも心配したのでした。

ちょっといい感じですね(*´艸`)
カースロットは相手の記憶を刺激して操るものなので、意のままに操ることはできない。つまりガイに元々ルークに対する強い殺意がなければ、襲いかかることはない…。そんなことを知らされれば、そりゃルークはショックを受けますよね。
そんなルークを励ますティア。…まあ、ちょっとキツかったですが! ルークに言われて、「キツかったのね…」と呟くティア可愛いw それにキツくはありましたが、ティアの言葉でルークも立ち直ったし、何だかんだ言っていいコンビなんでしょう。少しだけいい雰囲気にムフフ(*´艸`)

ガイの正体。
本名はガイ・セシルではなくガイラルディア・ガラン・ガルディオス(セシルは母方の名字)。かつてのホド戦争時に、ファブレ公爵によって一族郎党のみならず使用人も皆殺しにされた伯爵家の嫡子にして唯一の生き残り。ガイがファブレ公爵家に仕えていたのは、総て復讐のため。
ガイがアッシュではなくルークを選んだのは、この辺りの事情が主な原因。ファブレ公爵家を憎むガイにとって、ファブレ公爵子息としての誇りを持っていたかつてのアッシュをよく思えるはずがないですからね(´∀`;) でも赤ん坊状態だったルークの面倒を見ているうちに情が湧き、またルークのあの言葉で復讐心がかなり揺らぎ…。結果今に至るのでした。
何とかわだかまりも解けて、微笑み合うガイとルークがいいねぇ。
ガイの謎については、大体これで判明したし、あとは女性恐怖症か。これはその原因となった出来事を本人がスコーンと忘れてしまっているので、まだ明らかになりません(^ω^;)
あとよーく見ると、一瞬だけ写ったガイの幼い頃の幸せな光景に、ちゃっかりある人物がいます。これに気づけば、人間関係の一部が繋がるはず。それと1話で出てきたファブレの庭師ペールは、ガルディオス伯爵家に仕えていた元騎士。

( ゚∀゚)o彡゚ フリングス将軍!フリングス将軍!!
テオルの森でジェイドと一緒に将軍が駆けつけて来た時、かなりテンション上がりましたw あーやっぱりかっこいいなぁ(´д`*) …でもさ。フリングス将軍、童顔だな! 下手すると10代に見える…。
ゲームで街の人に話しかけると、ピオニー陛下はもちろんフリングス将軍も国民から絶大な人気があることが分かります。…将軍のサブイベントは…アニメだとやっぱりスルーされるかな…。個人的にはやってほしいんですが。

何という若づくり。
ジェイドも相当だけど、ピオニー陛下はそれ以上ですな。どう見ても36歳には見えません! これでヴァンよりも9歳年上なんて…(というかヴァンも老け過ぎ)。
セントビナー崩落の危機はピオニーにも伝わっているものの、議会がキムラスカの罠を警戒して救援に軍を送るのを渋っているため陛下も動けない状態。「なら俺たちに行かせてください!」と頼むルークは、アクゼリュスの時と違ってまともに主人公してるなぁ(´д`) それだけ色々と思うところがあったんでしょうが。それに対し「俺の国民を頼む」と言える陛下は本当に素敵。かなり砕けた性格だけど、為政者としては申し分ないですね(´∀`*)
陛下の私室での、「今はやることがあるから」とガイが伯爵領返還を断るシーンはいいオリジナルエピソード∑o(・ω・´) しかしこうやって見ると、改めてこのPTってキムラスカ王女に公爵子息、マルクトの大佐にマルクトの伯爵…と凄いメンバーばかりだな(゚∀゚;) ティアとアニスもオラクルでは結構高い地位にいるし。
ちなみにゲームでは陛下のペット・ブウサギには、ネフリー、ジェイド、サフィール(ディスト)、アスラン(フリングス将軍)、ゲルダ(ネビリム先生)と名前が付けられていて、後に「ルーク」も加わりますw

セントビナーに赴いて住民の避難を手伝っている途中で、ついに崩落開始。取り残されてしまった人をどうにかしなければと焦るルークたちの前に、謎の空飛ぶ物体が…て、あれ? シェリダン訪問やメジオラ高原は華麗にスルー? まあ、あれは基本的にお使いイベントだからなぁ…(´ー`) ギンジには可哀想なことになりますが!

次回「開戦」


スポンサーサイト

テーマ:テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
それなら、俺達に行かせてください! 「テイルズ オブ ジ アビス」第12話のあらすじと感想です。 ルーク格好いいよルーク。 (あらすじ)...
2008/12/22(月) 19:25:02 | 渡り鳥ロディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。