気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズ オブ ジ アビス 第5話「選ばれし英雄」
ディストは素晴らしいやられっぷりwww

ドラマCD「テイルズ・オブ・ジ・アビス」Vol.3ドラマCD「テイルズ・オブ・ジ・アビス」Vol.3
(2006/11/22)
ドラマ鈴木千尋

商品詳細を見る


迎えにきたヴァンと合流し、途中六神将ディストの襲撃があったりしたものの、無事に王都に帰還したルーク。しかし動き始めた運命は、ルークをある場所へと導こうとしていた…。


ここまで懇切丁寧に説明されると…ねぇ?
ルークが本来なら常識であることを全くもって知らないので、皆が説明してくれるのは助かりますね! こういう時は坊ちゃんの世間知らずに感謝感謝。ただここまで丁寧に説明されると、ある程度謎が解けちゃうんですよ…(´∀`;) ゲームでも、ここでいくつかの謎が解けますからねー。ここらの説明で分かったことは、
・音素は一定以上集まると意識を持つ。第七音素の集合体はローレライというが未確認。
・音素振動数は全ての物質が放つ振動パターン。同じものは本来は一つとしてない。
・同位体は音素振動数が完全に同じ2つの個体を示す。人為的に作らないと存在しない。
・昔研究されていたフォミクリーという技術は、レプリカという模造品を作ることはできるが、同位体は作れない。
というところ?

× 薔薇のディスト → ○ 洟垂れディスト死神ディスト
奪われたディスクを取り戻すために、ジェイドと昔馴染みらしいディストが襲来。かっこよく決めようとして、ジェイドにおちょくられるディストはやっぱりいいですねw 鼻水出てないか確認してから「キー!出ませんよ!!」と言っても説得力ないってwww
カイザーディスト号に突進していくルークは無謀(´∀`;) 後ろに回り込むんだよ! ゲームではジェイドにスプラッシュを連発させて、他のキャラで水系FOFを狙ったなぁ~。戦闘を見守るミュウのぽてぽて歩きがかなり可愛かったです(*´艸`)
皆が割合苦戦していたカイザーディスト号を、一撃で仕留めたヴァン師匠は強すぎです。というか、甲板に大きな穴が…。

ルークの力。
超振動とは、あらゆる物質を破壊し再構成する現象。本来は1話のルークとティアのように、2人の第七音譜術士がいて初めて起こるものなのに、ルークは世界で唯一単独でそれを可能とする。それゆえにキムラスカ国王たちはルークを兵器として利用しようと、今まで軟禁していた…ということをヴァン師匠から知らされるルーク。戦争で利用されるのが嫌なら、その力を使って英雄になるんだ!と言われてあっさり信じるルークは単純というか何というか…(´д`;) それだけヴァン師匠を信頼しているってことなんでしょうがね…。
謎の声に操られて力を暴走させようとしていたルークを、ヴァン師匠が止めるところは、ゲームにはなかったシーンが少しだけ追加されていて分かりやすくなってましたねー。

( ゚∀゚)o彡゚ ナタリア!ナタリア!
王都に帰還し、イオンたちをキムラスカ国王に紹介して親書も渡し、無事に屋敷に戻ったルーク。そんなルークを出迎えるナタリア可愛いよナタリア(´д`*) ガイとナタリアのやり取りは和む。個人的にはこのコンビは大好きです。考えたらこの2人も一応幼馴染なんですよねー。幼馴染はよいものです。
愛息子がいなくなって心労で倒れた母親のもとへ急ぐところや、自分のせいだと落ち込むティアを「母上はもともと病弱だからあまり気にすんなよ」と気にかけるところを見ると、やっぱりルークも根はいい子なんだよなぁと改めて思ったり。ゲームやってた時は、あんなに仲の悪かったティアを心配するとは、ルークも少しは成長したんだなとも思いました。この時はね。

英雄への、定められた道。
2国の間で和平条約を結ぶ前に、マルクトの要請で瘴気に覆われた鉱山都市アクゼリュスへ救援を送ることに。その親善大使に任命されたのがルーク。なぜならユリアが残した預言には、ルークがアクゼリュスへ向かうことが記されているから。さらにはルークがキムラスカに繁栄をもたらすことも記されていて、それを知ったルークは「俺は師匠の言うとおり、英雄になれるんだ!」と思っちゃうんですよねぇ…σ(´д`)
その後ルークと2人きりになったヴァン師匠は、ユリアのあの預言には続きがあり、このままだとルークが戦争を引き起こすことになる。それを阻止するためには、アクゼリュスの人々を避難させず、ルークが超振動を使って瘴気を浄化すればいいと提案。さらに、実は7年前ルークを誘拐したのはマルクトではなく、ヴァン師匠だったことも判明。超振動の研究で酷い目に遭っていたルークがヴァン師匠とオラクルに行くことを望んだから…という説明を、あっさり受け入れるルークは盲信しすぎだと思います。感動する前に、訊くことあるよね!? それならどうして自分が記憶喪失になったのかーとか、色々!!

何にせよ、次回からは親善大使になったウザさMAXルークの新たな旅の始まり始まり。うぅ、悪夢だ…。

次回「砂漠の雨」


スポンサーサイト

テーマ:テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。