気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズ オブ ジ アビス 第3話「神託の盾(オラクル)来襲」
しっかりしろよルーク…。

ドラマCD「テイルズ・オブ・ジ・アビス」Vol.1ドラマCD「テイルズ・オブ・ジ・アビス」Vol.1
(2006/09/22)
ドラマ鈴木千尋

商品詳細を見る


ジェイドたちに捕まり、タルタロスへと連行されてしまったルークとティア。何とか誤解が解け解放されるが、そこでジェイドたちはある事情を打ち明け、ルークに頼みごとをしてくる。


なんという悪人面www
超振動の件で、キムラスカによるマルクトへの敵対行動では?と疑われるルークたち。ひとまず今回はイオン様のフォローもあって何とか誤解が解けたルークたちに、今度はジェイドたちが頼みごと。実はキムラスカとマルクトの関係は非常に緊迫したものとなっていて、いつ戦争が起こってもおかしくない。そこでマルクトのピオニー陛下は和平を結ぶために、中立であるイオンに親書を携えた使者としてキムラスカへ行ってもらうわけですが…モースがねぇ…σ(´д`) 改革派であるイオンと対立する、保守派のローレイライ教団大詠師モース。戦争を望む彼が、これ以降しつっこく邪魔してくるんですよね('A`) というか、モース見るからに悪役だろあの顔はwww
あとピオニー陛下の顔が見えそうで見えないのがじれったいぃ~(´д`) 早く出てきてほしいものです。

いい性格してますね、大佐(*´艸`)
モースの妨害で国境を超えるのは難しいため、キムラスカ国王の甥であるルークの地位が必要だというジェイドたち。それに対し「それが人にものを頼む態度かぁ?」と言うルークは何というか…ひとまずルークもあまり人のこと言えなゲフンゲフン。
でもそんなルークにあっさり頭を下げ、さらっと「生憎とこの程度のことに腹を立てる安っぽいプライドを持ち合わせていませんから」とさり気なく痛烈な皮肉を言ってしまう大佐がいいよw 「ルーク…様」のあたりも、おちょくってる感じがありありと出ていてたまらんww
ルークが公爵家のご子息と聞いて、玉の輿を狙うアニスはやっぱりお金大好き♪
ジェイドの「両手に花」を聞いて、アニスとミュウのことだと思うルークは女心が全く分かってないよなぁ…(^ω^;) ティアがムッとしてますよ!
マルクトにルーク誘拐の事実はない、ということもちょろっと判明。

むしろ自分から危険に飛び込んでどうするよ(^ω^;)
タルタロスを魔物が襲撃し、次々と乗組員が死亡。それを知ったルーク、「冗談じゃねえ!こんなところにいたら死んじまう!」と降りようとしていましたが、むしろそっちの方が危険ですから!! しかもちょうど現れたオラクルの六神将「黒獅子ラルゴ」にあっさりと人質に取られるしなー…(´∀`;) 完全に怯えちゃってるし、使えませんね!
「死霊使い(ネクロマンサー)」ジェイドも、その力を恐れたラルゴに封印術(アンチフォンスロット)をかけられて譜術能力が大分弱まっちゃったし…(・ω・`) ゲームでこの事件の後にジェイドのステータスを見た時、あまりの弱体っぷりに愕然としたものです。ルークたちと同レベルで戦うのにはいい演出なんですがね。ちなみに封印術は国家予算の10分の1が掛かるので、滅多なことじゃ使われません。
ジェイドは近接戦闘も優れているので、ティアにラルゴの動きを止めさせてグサッ。…こうやって見ると、ラルゴはどーんと出ておきながら秒殺された弱い人に見えるな…(ノ∀`)

アッシュキタ――(゜∀゜)――!!
初めて人が刺されるところを目の当たりにし、動揺するルーク。そしてティアたちを待っている時に敵兵に襲われた彼は、反射的に相手を殺害。これにますます動揺するルークですが、いくら剣術の訓練を受けていたとはいえ、基本的に「守られ平和に過ごしてきた」人なのでこの反応は仕方ないんでしょうねー。「人を殺したくない、人殺しになりたくない」というのも普通の反応ではありますが…(´ω`)
そしてついに「鮮血のアッシュ」キタ――(´∀`)――! 顔が映りませんでしたが、OP・EDでモロバレですよww 唯一アッシュの顔を見たジェイドが、何を思ったのか気になるところ。
「魔弾のリグレット」や「妖獣のアリエッタ」も出てきてテンション上がるぅー(゜∀゜*) 特に教官かっこいいよ教官。

ガイ様、華麗に参上!!
六神将に捕まったイオンは、一時どこかへ。ゲームだとこの時点ではイオン様が何をさせられていたのか全く分かりませんでしたが、こういう風に1シーンだけでも入っているとまた違いますね。
何としてでも戦争を止めたいジェイドたちは、タルタロスを一時的に停止させて牢から脱出。戻ってきたリグレットたちを待ち伏せてイオンを奪還しようとしたものの、アリエッタの妨害で不利に。そこにガイ様、華麗に参上♪ …ダメだ、知ってても吹くwww というか、あの高さから飛び降りてよく平気だな(゜ω゜;)
ガイの加勢で一気に形勢逆転し、何とかイオンを取り戻した一行はそのまま逃亡。そして休憩時に、ガイが皆に自己紹介して判明する女性恐怖症w 震えまくりの声がたまらんね!

最後に追い付いてきたオラクル兵との戦いになり、まだ先程の件で動揺していたルークは敵に背後を取られ、それを庇ったティアが負傷。人を殺すのを恐れるのはいいけど、足手まといになるのはねぇ…(^ω^;) ひとまずティアやジェイドの言葉の意味をきちんと理解し、いい方向に成長してくれるといいですね。

次回は残りの六神将が登場ですねo(・ω・´o)wktk 「烈風のシンク」も「死神ディスト」も好きなキャラなので楽しみです。ディストは主にネタとしてですがwww

次回「隠された真実」


スポンサーサイト

テーマ:テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
わぁお、こらまたイタイ展開ですね。 なるほど~ウザがられるわけだよルーク。 ルークは“守られるべき立場”の人であったということか・・・ ってかヴァン先生に何を教えてもらってたんだ、オノレは!!
2008/10/19(日) 21:38:50 | 風庫~カゼクラ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。