気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TYTANIA-タイタニア- 第1話「ケルベロスの戦い」
リディアが可愛い(´д`*)

タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)
(2008/09/12)
田中 芳樹

商品詳細を見る


ヴァルダナ帝国の一貴族でありながら、実質的に銀河を支配しているタイタニア一族。その支配は揺らぐことがないと思われていた。しかし辺境都市国家エウリアとの戦いでの思わぬ結果が波紋を起こす…。

原作未読。田中芳樹作品は、『薬師寺涼子の怪奇事件簿』シリーズ1~3巻と、『西風の戦記』と『夏の魔術』しか読んだことないんですよねー。

やりたい放題だな、タイタニア(゜Д゜)!
ヴァルダナ皇帝の誕生を祝う式典で、タイタニア抹殺を図っていた宰相を射殺! いけしゃあしゃあと「帝国100年の安泰という実質的な贈り物を」と言って済ませるところが流石というか何というか…。皇帝の御前でこんなことしておきながら、誰も…皇帝でさえも文句を言えないというのは相当なもんですね。
で、今回は一族の総帥である無地藩主ことアジュマーンと次期総帥候補らしき4公爵のジュスラン・アリアバート・イドリス・ザーリッシュ、合計5人のタイタニアが登場。今回見た印象では、ジュスランは物事がよく見えている良識派で切れ者、アリアバートは優雅で常に冷静沈着だけど頭固そう、イドリスは野心家で傲慢?、ザーリッシュは…脳きnゲフンゲフン。ザーリッシュは1番印象薄いというか、正直名前覚えてなかった(^ω^;) この4人の中だと、今のところジュスランがアジュマーンに1番気に入られてる? じゃなきゃ、事ある毎に考え訊きませんもんね。

タイタニアの敗北。
辺境都市エウリアと、タイタニアの戦い。エウリア側の指揮官はファン・ヒューリック、タイタニア側の指揮官はアリアバート。艦隊の数からしてエウリア側が完全不利なのに、飄々としているファン・ヒューリックがいいですねぇ(´∀`) この状況で「俺、最後は老衰って決めてるからさ」と言ってしまうところが頼もしいですw
タイタニアの勝利は揺るぎないかと誰もが思っていたら、ファンの奇策でタイタニアがまさかの敗北。皆がファンの策に気付かず油断している中、直前に気付いて撤退を命じていたアリアバートは本来は優秀なんでしょうね(柔軟性なさそうだけど)。
一応エウリアの勝利で終わったものの、タイタニアがこのまま黙っているとは思えないのでファンがヤバそう(´д`;) アジュマーンが最後何故か笑ってたからなぁ…。

ということで1話を見てみましたが…思ったより盛り上がらなかったような…。
これからの展開が気になるので、もうしばらく視聴してみるつもりです。ジュスランとファンが主人公になっていくのかな?
ただこれ、未完なんですよね…。しかも3巻までしか出てないらしいんですが(´∀`;)
田中芳樹先生の作品は面白そうなのが多いのに、遅筆だから手が出せないのよねぇ…。でも『銀河英雄伝説』は完結してるし、今度読んでみようかな。

次回「天の城の四公爵」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。