気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
咎狗の血①
咎狗の血 Vista対応版咎狗の血 Vista対応版
(2007/04/05)
Windows

商品詳細を見る


8月中、時間を見つけてはチマチマやってました。
BLゲームはこれまでに数本やったことはありますが、18禁は初めて(´∀`;)
有名なので前から気になってはいたものの、妙に尻込みしてしまい…。ところが7月に中古で発見したので、「よし、やってみよう!」と購入。
やってみたら意外に平気でした。ていうか、慣れました。
しかし私もますます深みにはまっていくなあ…(=ω=)

攻略順は、リン→源泉→ケイスケ→シキ→n
今回は全体的な感想だけ。


ハードでバイオレンスな物語とは聞いていたけど、個人的には許容範囲。でもBLにしてはやっぱり珍しいと思います。

謎のドラッグ・ラインや、アキラの過去、エマたちの本当の目的が絡んでくる本筋は興味深かったです。特に、ADVの基本とはいえ、それぞれのルートで少しずつ細かい謎が明らかになっていくのがいいですね~。イグラが開催された経緯とかがシキルートで分かった時は、「そういうことかー」とうんうん納得。
私としてはもっと本筋を掘り下げてほしかったなと思わなくもないですが、今のままでも十分面白かったのでいいかな。
この辺りは茶屋町さんが書いているマンガ版で補給。恋愛要素はほとんど排除されてますが(でもさり気ないサービスはある)、話がとても面白いので全然気にならないです(´∀`*) 原作とは結構違う展開も多いので、続きが気になって仕方ないw

BLはしっかりとツボを突いてきていて、盛大に萌えた(*´д`*) でも18禁にしてはエロシーンは少なめ? 他のやってないからよく分からないけど。私はあればもちろん萌えますが、なくても構いません。それ以外のところでも萌えたし! でもやっぱりあった方がいいかなぁ…(どっちだ)。

システムは、既読の音声を再生できないのは不便でしたが、それ以外は快適。
絵はところどころ「ん?」と思うところはあったものの、綺麗でした! やっぱり絵は重要だよね、うん。
音楽も雰囲気に合ったものばかりでよかった。特にEDの『STILL』。nルートで聴くと、ものすごく感慨深くなりましたよ…(つд`)

最後にアキラについて。
クールなタイプかと思えば、実は純粋で染まりやすい…悪く言えば流されやすい主人公でしたー(´∀`;) いや、そこが可愛いんですが。
で、彼一応ブラスターのチャンピオンで強いはずなんですが…本当に? リンやケイスケとの戦いを見てれば結構強い方だと思うんですが、なにぶん雑魚にやられることが多…ゲフンゲフン。アキラはラインを使っていないからとはいえ、ちょっとやられすぎだよ…。てか、アキラは油断しすぎな上に首突っ込みすぎなんですよね(^ω^;) シキとの初対面の時なんて、皆がビビって逃げてるのに逆に興味持って見に行ってるし! 無関心装ってるけど、実は意外に好奇心強くね?と思った瞬間でした(ノ∀`)
まあでも、そんなところも可愛いと思います。
スポンサーサイト

テーマ:BLゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。