気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セイント・ビースト~光陰叙事詩天使譚~ 第十三章「希望の箱」
盛り上がらない最終回だな…。

セイント・ビースト~光陰叙事詩天使譚~ 第1巻 限定版 セイント・ビースト~光陰叙事詩天使譚~ 第1巻 限定版
有栖川ケイ、 他 (2007/06/27)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る


暗黒の森の封印が解け、魔物たちが天使たちを襲う。それを止めようとしたユダとルカが魔物の呪いを受けた。ゴウたちはこの呪いを解こうとする。


はい、一応最終回です。ものすごく微妙なところで終わってますが。

前回の最後、ユダは魔物に貫かれて倒れルカは怒って魔物へ向かっていったところで終わりました。で、結局ルカもやられて倒れたんですが、そこに神々しくもゼウス登場!ルカとユダが倒れてるのそっちのけで箱を持ちながら朗々と語るゼウス。魔物に「この希望の箱に封印してやろう」と言ってる時のゼウスの表情というか目が、かなりやばかったです。何そんな楽しそうなの?ジブリから特別出演の(え)魔物は希望の箱にあっけなく封印されて平和になりました。そしていいとこ取りのゼウスは、ユダとルカを放ってお帰りに。ちょ……っ、助けろよ!
ゴウたちが駆けつけて天空城に運んだものの、2人特にユダは危険な状態。それぞれのお相手がちゃんと看病していたのに、ちょっと吹きました。この時のキラの「ゼウス様がもっと早く来てくれてたら……」には同感です。落ち込むゴウたちでしたが、シヴァがゼウスに呪いを解く方法を聞いてきました!さすがユダ命、グッジョブ!!
聖なる頂のさらに高みに、光のオーブがあるそうで、それで呪いが解けるようです。これを手に入れるためには4つのエレメントが必要なので、ゴウ・シン・レイ・ガイが行くことに。大変そうだなと思ったら、時間の都合かあっさりゲットwそんな簡単でいいのかww
ひとまずこれのおかげでユダたちも無事に回復しました。キラマヤ兄弟はこの後下界にさよなら。

ユダはこの事件をきっかけに、もともとあったゼウスへの反発心が強まって彼と戦っていくことを決意。それをユダに呼び出されて聞かされたルカは、お前1人では戦わせないさと一緒に戦うことを告げます。本当にここの2人は絆が強いな~。大好きです。
この話を実は密かに聞いていたゴウたちもユダに一緒に戦おうと言って、これから反逆だというところなのに、ここで最終回だなんて……。
最後に、ゼウスが最近すごい勢いで増殖してだらけてきている人間が気に喰わんということで、パンドラに希望の箱を持って災いを撒き散らすために下界に降臨するよう命じたところで終わりました。本当にパンドラの箱になっちゃうよ。というか、ゼウス本当にやばすぎ。ゼウス様1番のパンドラもちょっと引いてましたよね。
最後のナレーションで、これからの悲劇が暗示されてましたが、聖獣降臨編を見た私なので悲しくなりました。ナレーションの時、大きな光を囲む6つの光がありましたが、途中で2つ消えて最後4つになってるんですよね。あれはユダとルカが反逆者として封印されることを表しているんですよね。

なんか釈然としません。前回を見たときに、これはユダとルカの封印まで行かないなとは思ってたんですが、本当にこんなところで終わらせるとは。降臨編もユダたちとの戦いはまだまだ続くみたいなところで終わってましたが、またですか。どうせならカムイあたりの話をやらないで封印までやるのは無理だったんでしょうか。
聖獣降臨編でどうしてゴウたちがユダたちと争うことになってるのか、そもそも何が起きてユダたちだけが封印されたのか。そもそもユダって降臨編ではもっと性格悪かったような……?そういうのを知るためには小説かドラマCDを聴けって事なんでしょうかね。はあ……。

ひとまず全体的な感想としては、アクションは微妙でした。話は変なところで終わるので、目茶苦茶微妙です。でもまあ、一応楽しんで見ていましたよ。特に好きな組み合わせ(親友としてですが)はユダとルカなので、萌えは余りありませんでしたがね。ユダシンやルカレイにはあまり萌えないんです。
続きが気になるので、今度気が向いたら大学行く途中のツタヤでCD借りましょうかね~。ひとまず、スタッフさんお疲れです。

スポンサーサイト

テーマ:セイントビースト~光陰叙事詩天使譚~ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。