気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶対可憐チルドレン 1st sense.「絶対可憐!その名はザ・チルドレン」
朝から内容が濃いぞ(ノ∀`)

絶対可憐チルドレン 1 (1)絶対可憐チルドレン 1 (1)
(2005/10/18)
椎名 高志

商品詳細を見る


超能力の存在は珍しいことではない、でも一般人との軋轢もなくなったわけではない近未来。最高に当たるレベル7の力を持つため、政府に保護されている薫・葵・紫穂。事件を起こしたエスパーを捕まえるため出動した彼女たちは、皆本光一という青年と出会う。


週間少年サンデーで連載中のマンガが原作。
前に1巻読んだら面白かった記憶があったので、視聴してみました。

何かデジャヴが…(^ω^;)
『ハヤテのごとく!』に似ているのは気のせいですか? ちょっと変わった色彩やノリのせいかな…。OPとかも雰囲気似すぎなので、戸惑いました。どうも製作スタッフが同じのようですが、もうちょっと変えた方がよかったんじゃないかなー。

(*゚ω゚);';,*'.+ なんつー下品な能力!!
今回の犯人はとんでもないところからビーム出しやがったwww しかもオカマさんで皆本に迫ってましたが、これ一応朝アニメだよね? 幼女の触手プレイもあったし、『ハヤテのごとく!』もそうだったけど、相変わらず好き勝手やってるなーwww
犯人は美術館に展示されている黄金の筋肉像が見たかったためだけに、立て篭もり事件を起こしたり、壁に穴あけながら進んでたらうっかり電車の前に出て驚いてビーム発射しまくったりと色々やってくれたわけですか…。こんな理由のために、ビーム浴びて金属にされた人たちが哀れ…(=ω=)

素直じゃないねえ~(*´艸`)
薫たちと一緒に事件を解決した皆本は最後に彼女たちのお目付け役に。自分たちが触れても恐れず普通に接してくれる皆本に、戸惑いつつも好意を持つ3人組がいい感じ(´∀`*) こういう関係は好きですw わがままなので、皆本は苦労しそうですけどね。
薫は今のところ、認めないからね!と言ってましたが、話が進むにつれてかなり懐いちゃうんだろうな。
あと途中で出てきた少年は、OP見る限りじゃラスボスなのかな? 性格はまだよく分かりませんが、顔はよかったです(´∀`)


なかなか面白かったので、視聴続行。
でも原作も気になるので、買って読んじゃおうかなー。普段は原作未読アニメを見る時、終わるまで原作に手を付けないようにしてるんですが。どうしようかな。
感想は2話からは書きません。


スポンサーサイト

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。