気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハヤテのごとく! 第13話「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」
あのサルはどこから連れてきたんですか、桂先生?

ハヤテのごとく! 01 ハヤテのごとく! 01
猪爪慎一、武上純希 他 (2007/07/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


ナギ宛に白鳳学院からの書類が届いた。それはなんと、ハヤテの入学手続き書類だという。学費はナギ持ちで、編入試験を受けることになったハヤテだが…!?


約1ヶ月ぶりの感想…!一応ちらちら見てはいたんですが、なんとなく書く機会がなかったんですよね。たいてい土曜とかに見ていたんで、今更って感じだったし。

執事の仕事をしながら、前回告白してきた西沢さんのことを考えていたハヤテ。その頃西沢さんは、飲食店を覗いていました。結局誰もいないお店に入りましたが、どんな基準で選んだんですか?大量に食べるところを人に見られたくなかったから?

ナギ宛の書類を本人に届けにいくと、ナギははしたない体勢(パンツ見えるよー)でマンガを読んでいました。好きな男の前では恥じらいをもとうよ…。男に注意されるようじゃダメだよ…。寝起きを見られるのは嫌なのに、変なところ気にしませんね。
その書類はハヤテの白鳳入学手続き書類だと言われてハヤテは驚きます。学費はないと言うと、ナギが太っ腹にも払ってやると言ってくれたので、ハヤテ大泣き。泣いているハヤテは可愛かったですが、男泣きというよりも子供の泣き方…。声が高いので余計そう思いました。
試験に受からなかったら執事を辞めると、クラウスに宣言してしまったハヤテですが、試験は明日。しかもハヤテの学力的には合格はギリギリ。早速勉強してやがて寝ることにしたハヤテですが、次から次へと邪魔が入り寝不足になってしまいました…。可哀相に。
この時クラウスが自分の幼稚園受験の話をしてくれましたが(迷惑にも)、…ずいぶん老けた子供ですね。私だったら、何かの間違いじゃないですかと言って追い返したいところなんですがw

次の日ふらふらの状態で、ハヤテはナギと共に白鳳に行きます。しかし直前まで勉強するのはいいんですが、『萌えたん』って効果あるんですかね?そんなハヤテたちを出迎えたのは、桂雪路。先生曰く、編入試験は普通の試験でなく、真の頭の良さを試すもの。案内された部屋に行くと、そこにはぶら下げられたバナナ。難なく取ったはいいものの、その部屋には飢えた何匹ものサルがいたので戦闘に!実はこれ、雪路がハヤテの緊張をほぐそうとしたものであり、本当の試験ではありませんでした。桂先生って悪い人じゃないんですが、いつもありがた迷惑ばかりというか…。ハヤテを放っておいてあげてください。
精神的にも肉体的にもぼろぼろの状態で、普通の編入試験を受けたハヤテに、ナギは受かるさと言って2人は仲良く屋敷へ。が。ハヤテに渡すようにと桂先生に理事長から与えられたのは、不合格と書かれた紙。そんなことも知らずに三千院家では、ハヤテの合格記念パーティーが開かれようとしていましたとさ。
理事長って女だったんですね。原作ではシルエットだけだったんで、どちらかよく分からなかったんですが、声が女でした。原作だとほとんど出番のない理事長ですが、アニメでは出てくるんでしょうかね?

次回「ちょっとちょっと!パーティーに行かなあかんねん。早よして、ホント」


スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。