気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERSONA-trinity soul- 第9話「海からの呼び声」
慎は絵が上手すぎです(゜д゜)

ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】
(2008/04/23)
岡本信彦、子安武人 他

商品詳細を見る


諒の冷たい態度に鬱々としたものを抱えていた慎は、憧れの映子から外出の誘いを受ける。心を弾ませる慎だが、その途中洵とユキのことを聞かされ…。


慎が可愛い(*´д`*)お年頃~
ふんふん鼻歌を歌いながら着替えたり、身だしなみをちょっと整えたり、かなり接近した時慌てたり、本当に可愛いなーwww 慎にとって、映子は初恋の人…だったのかな。今は恋愛感情はないだろうけど。もしあっても、映子は諒が好きだからなあ…(^ω^;)
途中の回想シーンでは、慎も諒も映子も皆可愛かったですwww 諒兄の表情が柔らかい!

諒兄…(ノД`゚)゚。
映子がうっかり口を滑らせてしまったため、ついに慎は洵とユキのことを知ることに。10年前の同時多発事故で、ユキは致命傷を負い、洵は脳の一部を損傷。ユキの脳を移植すれば洵は助かり、そうしなければ2人とも死ぬ――。両親は亡くなっていたため、諒が同意書にサインしたようですが…高校生(…だよね?)でこの決断はきつすぎる(つд`゚) サインした後、廊下にしゃがみこむ姿が切ないです…(´;ω;`) 
慎も今までのことから、薄々察していたようですね…。

慎は芸術家タイプだったのね(´∀`)
失踪事件のことを独自に調べていた映子は、慎にカメラの代わりとして絵を描くことを要求するわけですが、これが予想以上に上手かった。何故か映子を描いてたけど、そっくり! 慎はどちらかというと絵が下手なイメージがあったんですが、実は絵本作家であった両親の芸術性を濃く受け継いでたんですねー。諒は確かにあまり絵は上手くなさそうだなと思ったり(*´艸`)

こ、こえー(((゜д゜;)))ヒイィィィ
昔映子は海の底で、何か光るもの――羽を見た。そんな話などをしているうちに、いつの間にか船の周りは白い羽に囲まれていましたΣ(゜д゜ ) そして慎も映子と同じような仮想体験をしますが、この時に出てきた赤い女の子は本当に何者なんでしょうね? 目を見開いて底へ沈んでいく姿が怖い印象的。我に返ったら、船の周りはその前よりも大量の羽に覆われていた…というところで終了。あれは一種のホラーだよ…○| ̄|_
慎の両親が描いた『くじらのはね』の内容も意味深ですよねー。皆幸せになり、最後に誰もいなくなった…というのが…。慎の両親もペルソナ関係者だったのかな?

あと個人的には、慎と映子が一緒にいるのを見た叶鳴の反応が気になる(*´艸`)ムフフ

次回「影は薄暮に微笑う」


スポンサーサイト

テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「海からの呼び声」 慎、可愛いなぁ~vv 綾凪市へ帰郷してからというもの、諒兄と気まずい関係の続いている慎をドライブに誘ってくれた...
2008/03/06(木) 07:52:34 | ラブアニメ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。