気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BAMBOO BLADE 第21話「川添珠姫と鈴木凜」
タマちゃんと凜が熱い(´艸`)

BAMBOO BLADEBAMBOO BLADE
(2008/02/20)
広橋涼、豊口めぐみ 他

商品詳細を見る


珠姫の家の道場にやって来た劇場版ブレードブレイバーのスタッフの中に、アトラクションショーで会ったシナイダー好きの鈴木凜もいた。ブレードブレイバーを愛する珠姫、シナイダーを愛する凜。2人の談義は白熱し…。


劇場版新キャラはシナイガール…って、中の人男だし(ノ∀`)
いや確かに線は細いけどね、スタッフに女がいないんじゃ仕方ないけどね、…夢崩れるなー(=ω=) でも男の人が女になりきる場合、かなり仕草に気を遣うから本物以上に女らしくなると言いますもんね。
凜はスタッフについていっているだけあって、シナイガールのセリフを完全に覚えてました(゜д゜ )スゲー

マジ泣きしてるよwww
凜は珠姫の部屋で寝ることに。さあ寝ようとしたところ、ある時計がきっかけでブレイバーVSシナイダー談義が白熱し、色んなシーンを確認するために見ていたら夜が明けてしまいましたwww ブレイバーの仲間の声は聴いた瞬間に笑ってしまいましたよ(*´艸`) あとブレイバー結婚してたんですね。で、タマちゃんには悪いけど、私もシナイダーの方がかっこよく見えてきたwww
シナイダー死亡のところで、クールな凜が「シナイダーは死なないんだー」(シャレ!?)と本気で泣き出した時には爆笑wwwww

タマちゃん棒読みすぎる。゜(゜´∀`゜)゜。
ロケの見学に行った珠姫と凜。そこでシナイガール役の人が怪我をしてしまい、急遽凜が代役に! そしてタマちゃんも、本来凜がやるはずだったシナイガールに襲われる女子高生役として出ることになりましたΣ(゜д゜ ) …でもタマちゃん、女子高生に見えないよね…。髪結ぶと余計幼く見えるんだよ…。しかも「たーすーけーてー」が超棒読み(ノ∀`゜)
その一方、凜はかなりやる気満々o(`∀´)o そんなシナイガールに襲い掛かられたタマちゃんは、剣道家としてのスイッチが入ったのか、思わず近くの竹刀を拾って応戦。それに凜も我を忘れて、台本無視で打ち込もうとしました…が。当然止められましたσ(´∀`;)

凜はタマちゃんのいいライバルになりそうo(・ω・´o)
やり直しの準備の間、2人きりで会話するタマちゃんたち。その時に、凜は「一度も負けたことがないブレイバーはシナイダーに勝てない」と言いました。これは、前の石橋先生のセリフと同じ事を指してるんでしょうね。負けることによって学ぶこともある。それによってさらに強くなることもある。ブレイバー同様、負けたことがないタマちゃんが本当にこの意味を理解する日は来るんでしょうか?
で。どうやら凜も関東大会に出場するようで、ちゃんとした凜VSタマちゃんが見られそうですo(・ω・´o)wktk

甘い! 何か空気が甘いよ!!
皆がやる気を出すようになったのは、タマちゃんのおかげだけでなく、キリノの存在も関係してるんだよ!とサヤ。それに顔を赤くするキリノ。サヤまで赤くなるから、何か雰囲気が甘いwww これは百合カップルと言われても仕方ないですねwwww
ミヤミヤはさとりん・ダンくんに付き添われて走り込みをしている時に、キャリーと再会し関東大会での再戦を約束。…しかし本当にキャリーって高校生なんだあ…。あと公式戦で二刀流はダメですよ、キャリー?

ということで、お膳立てはバッチリ! 次回の関東大会はキャリーVSミヤミヤ、凜VSタマちゃんで盛り上がりそうです!!

次回「敗者と勝者」
あ、キャリーが普通に戦ってるΣ(`д´ )


スポンサーサイト

テーマ:バンブーブレード - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
第21話のコメントです。
こんにちは~
こちらからのTBがどうも不安定なのでコメントにて。
ヲタ娘2人一歩も引かず回でした。
伏線の引き方と回収の巧みさはクラナドに通ずるものがあると思います。
ミニツインタマちゃんにやられました。広橋涼ちゃんの演技の充実ぶりには目を見張るものがあります。
タマちゃん×凛、ミヤミヤ×キャリーを軸の関東大会編が楽しみですね。
2008/02/27(水) 05:56:33 | URL | のらりんはうす #F7ke9jP6[ 編集]
こんにちは~
TB不安定なんですか。じゃ、こちらから送らせてもらいますね。

今回はタマちゃんと凜の熱いトークバトルが目立ちましたよね。ブレイバーもシナイダーもかっこいいけど、ファンとしてはやっぱり引き下がれないんでしょう。

>伏線の引き方と回収の巧みさはクラナドに通ずるものがあると思います。
確かに今回はオタク話で終わるのかと思ったら、最後の最後にああいう風に繋げてくるのは上手いなと感心しました。キャリーも関東大会に出るとは。

>広橋涼ちゃんの演技の充実ぶりには目を見張るものがあります。
上手いですよね。クラナドの杏なんて、タマちゃんとは全然違いますし。今回の「たーすーけーてー」は、タマちゃんの緊張がよく表れていて爆笑しましたw

関東大会がどうなるのか楽しみです。どちらも非常に燃えそう。

2008/02/28(木) 00:12:22 | URL | 皐月 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『映画館で私と握手・・・です。』 ホントウだな(笑)!? ちょっと今回は簡易感想でございます。ってか深夜すぎダロ、放映時間!
2008/02/27(水) 02:08:48 | 風庫~カゼクラ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。