気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOD2① ジューダスはプレイヤーの代弁者
カイルにしっかりツッコミいれてくれるのは、彼だけですから…。

テイルズ オブ デスティニー2 テイルズ オブ デスティニー2
PlayStation2 (2002/11/28)
ナムコ
この商品の詳細を見る


前作から18年後。
セインガルドのクレスタという街に、カイルという少年がいた。英雄スタンを父に持つ彼は誰よりも英雄に憧れ、冒険を求める毎日を送っていた。そこへ突然現れた少女・リアラとの出会いが、カイルを運命の冒険へと導いてゆく。
過去、現在、そして未来、かつての英雄たちをも巻き込んで、時を越えた壮大な冒険が今、始まろうとしている……。


カイルファンの皆さん、ごめんなさい。私、最初の頃のカイルって嫌いなんです。

最初は英雄に憧れる彼を微笑ましく見ていたんですが、だんだん苛つくようになってきて…。夢を持つのはいいことですよ。でもですね、現実を見つめて!とにかく英雄連発しすぎ。だいたいスタンたちは好きで英雄になったわけじゃないし、数々の犠牲を出したわけですよ。それに英雄になるには、何か大事件が起きないとダメなわけで。それが全然わかってない彼を見てると一発殴りたい気分に…。
出会ったばかりのリアラに、「あなたは英雄なんかじゃない」って言われて、少しは凹むかと思ったら変化なし。ジューダスがいなかったら、ちょっときつかったかも。

もともとはジューダスに会いたくて始めた私。なのでダリルシェイドの地下牢にカイルたちが入れられた時、興奮度はMAX。カイルたちが喋ってるのそっちのけ(英雄連発してたし)で、目は画面の上に釘付け。
仮面が、ジューダスの仮面が見えたんですもん!
どうしてあんなところで寝ていたのかは置いといて、リオンの時には考えられなかったような笑い声をあげて会話に乱入したジューダス。そして見事にカイルにツッコんでくれました!
「お前、本当に自分が英雄になれるとでも思っているのか?」
その後も英雄とは、過去の功績に与えられる称号とか説明してくれました。言い方はちょっときついですが、それはまさしく私が言いたかったこと。カイルはジューダスの言葉をちゃんと理解できなかったのかしなかったのか、これ以降も懲りずに英雄連発してましたが。
年齢は1歳違いのはずだけなのに、あまりにも違う2人。まあ、人生経験が違いすぎですからね。
それ以降も無謀なパーティを冷静に導くジューダス。かっこいいし可愛いしクールだし。あの変な骨仮面を被ってなかったら、女にモテモテですね(いや男にも?)!

スタンが死んでることやリオンが史上最悪な裏切り者呼ばわりされてることに涙しつつ、楽しんでやってます。最初はカイルにイライラさせられましたが、途中で精神的に成長してからはそれもなく。
現在はエルレインとの1回目の戦闘に入る直前です。細かいところは気が向いたら、また書きます。
スポンサーサイト

テーマ:テイルズ - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。