気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シゴフミ 第二話「ロケット」
髪切ると印象変わりますね。

シゴフミ 一通目シゴフミ 一通目
(2008/03/25)
大前茜、松岡由貴 他

商品詳細を見る


父親を殺害したことを翔太に知られた明日奈は、彼を刺し殺した。全ては妹を守るために――。しかし犯行が警察にばれてしまい、明日奈はどこか遠くへ逃げようとする。そこにフミカが現れて、一通のシゴフミを手渡した…。


父親は最低ですね(#^ω^)ピキピキ
お金を手に入れるために明日奈にヌードモデルをやらせていた挙句に、まだ幼い美紅にも…って、どんだけ外道なんだ! それに描写からしても多分モデルだけで済んだとは思えないし、本当に酷い父親ですね。明日奈に殺されても仕方ないかな、と思わずにはいられません。

翔太、いい奴過ぎるよ(つд`゜)゜。
明日奈に殺されたというのに、「ごめん。気づいてあげられなくて」と暖かい想いの詰まったシゴフミが…(;ω;`) 翔太は本当に明日奈のことが好きだったんですね…。警察に翔太殺害のことがばれたから変装して逃げようとしていたのに、そんなこと忘れて泣きながらビルへ向かう明日奈が切ない…。

何撃ってるんだー!!
せっかく翔太のロケットは上手く打ち上げられたのに…! 確かに思い返すと色々伏線は張ってあったんですが、それでも若い刑事の行動には(゜Д゜)ゴルァ!と思わずにはいられない! 先輩が危ない!と思ったんでしょうけど、撃つならもっと上手く撃てー!!
倒れながらロケットを見上げ、「届くといいな、翔太のロケット…」と思う明日奈を見て目が潤みました…(ノд`゜)゜。

独りになってしまった美紅に届けられた一通のシゴフミ。「ちょっと変わった手紙。…でもこれは、世界で最も純粋で、美し思い」というフミカの言葉で終了という、余韻の残る終わり方でした。

登場人物の心理描写を丁寧にやっていてよかったと思います。ただ、こういう鬱展開は嫌いじゃないけど、後味の悪くない話もあるといいかなあ…。
感想書きにくいので、次からは書きません。

次回「トモダチ」


スポンサーサイト

テーマ:シゴフミ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
シゴフミ―Stories of Last Letter (電撃文庫) 父親の死の原因を知ってしまった翔太を明日奈は傷つける。それは愛する妹を守るため、そして妹の幸せを願う純粋な気持ちからの行動。しかし事件は明日奈の予想を超える早さで世間に明るみになる。その事実を知った明日奈?...
2008/01/19(土) 13:25:43 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。