気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マギア・ミスティカ① 主人公萌えが激しいBLゲーム
マギア・ミスティカ -精霊魔術士- 初回限定版 (予約特典:スペシャル・ミニアルバム「essentia」付)マギア・ミスティカ -精霊魔術士- 初回限定版 (予約特典:スペシャル・ミニアルバム「essentia」付)
(2007/12/14)
Windows Vista

商品詳細を見る


新年早々、BLゲームの感想w
去年の間にフルコンプしてたんですが、なかなか書く時間がなくて…。

ひとまず今回は主人公や全体的な感想について。ネタバレは基本的にないですが、一応隠します。キャラ感想は次回に。
では、続きからどうぞ~。



とにかく主人公の唯が可愛すぎる(*´Д`*)
プレイする前からこれはやばそうだと思ってたんですが、予想を遥かに上回る可愛さ! 今までプレイしたBLゲーム(数本だけど)や読んだBLマンガ・小説の中でも、ずば抜けてましたね!! 生真面目で意地っ張り(というより責任感が強すぎて人を頼ろうとしない)な上に無愛想だから誤解されやすいけど、実は仲間想いで純真無垢な子でしたw 世間ずれしていないために、ある程度親密度を深めると、破壊力抜群なセリフをさらりと言ってきます(*´艸`*) しかも本人自覚なし。ああ、罪な子だよ唯たんwww

内容は、立場や抱える秘密のために周囲を寄せ付けようとしなかった唯が、仲間たちと共に過ごし初めての学園生活を送ることで、少しずつ成長していきます。心情が丁寧に描かれているだけに、その変化がよく分かり最後は感慨深くなりますよ。
全体的に他で言われているように、『セラフィム・スパイラル』の正統進化という感じでした。細部まで雰囲気に合わせてつくりこんであり、文章も神秘的な雰囲気を保つために少し硬めで、こだわっているのがよく伝わってきました。
恋愛面は、唯が純真なためか、そこまで生々しくはならず、ひとまず強固な絆を結び本格的な恋愛はこれから!という感じですね。濃いのを求めているとちょっと拍子抜けするかも。私は十分満足してはいるんですが…それでもその後が気になるなあ。特に「覚悟しておけよ」宣言してたリヒト(´∀`*)

今時ボイス付きじゃないのは珍しいですが、それは前々から分かっていたことだったので仕方ないですね。セラスパもそうでしたし。
カードバトルは個人的にはもっと難しくてもOKでしたが、バトルが苦手な人に合わせてるのでこれも仕方ないですね。敵の属性に有利な属性で戦うと、あっという間に勝てますw
話のボリュームはセラスパ以上とあったとおり。というか、長かったです。ただ個別ルートは、キャラによって長さがかなり違ったのが残念。朱里やリヒトは2大メインルートなだけあって長かったのに、穂波や村上は…もごもご。
スチルも少ないですね。ビクワスらしいと言えばらしいですけど…(^ω^;)

あと魔力供給のシーン。
油断してました。予想以上にエロかったです。
さすがビクワス、R-15という限界ギリギリまでエロスを追求した! そのものずばりなシーンではないはずなのに、ただの魔力供給&契約シーンなはずなのに、18禁シーンにしか見えません(特にセリフ)。
あまりのエロスに興奮しすぎて、思わず机をバンバン叩きそうになりましたよ。都合のためたいていは真夜中にやっていたのに。
うん…マギミスがR-15になったと聞いた時はびっくりしたけど、これは確かに全年齢では無理ですねw

全体的にはこんな感じです。多少辛口なところもありますが、愛ゆえです。十分楽しめました。
とにかくこのゲームは、唯たんの可愛さに萌えられれば万事オッケーです!(ぇ


スポンサーサイト

テーマ:BLゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。