気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ… section10「逃れの星」 
ブルーは眠っているだけでした…(泣)。

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】 地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
結城信輝 (2007/08/08)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


地球へと旅立って早12年。しかし一向に地球は見つからず、人類からの攻撃は強まるばかり。焦り始めた一行の前に現れた星は…?
あれからいつの間にかそんなに経ってたんですねー。ミュウは子供たちを除いてあまり外見が変わらないので、実感がないですが。

8年前、初めてジョミーの意志で人類への交信を望んだわけですが、見事に失敗。これは前回、前々回に出てきましたね。この失敗がきっかけで、ミュウに対する人類の攻撃は強まり、ジョミーもこれがショックだったのか引きこもりに。確かに悲しいことではありますが…あの思念波の強さじゃある意味仕方ないことだと思うんだ。危うく死人が出るところだったし…(汗)。

そんなジョミーでしたが、成長した子供たちの言葉で、子供は自分たちでつくればいいと気づきます。昔から教え込まれてきた倫理の所為で、今まで気づかなかったようですね。この時のジョミーがかなり浮かれてて、昔のジョミーを思い出しました。ついでにジョミーは子供たちの間ではモテモテの模様wカリナとか赤くなってましたし。
さらに途中フィシスが予言していた希望の星を発見して、ジョミーは皆にこの星で定住し新たな生活を始めることを提案。その星をナスカと名づけて彼らは降り立ちました…。ええー!!タイトルは「地球へ…」なのに、そんなあっさり!!まさかこのまま地球探しを諦めるはずがないので、何かしら起こるんでしょうが。地球への帰還はブルーの悲願でしたしね!ジョミーがつれてこられた意味がなくなっちゃいますしね!!あとカリナとユウイが最後ラブラブになってました。

スウェナが出てきたのにはびっくりしました。まあ、あれで退場なのはあっけないなと思ってたので、これから頑張って欲しいです。ミュウの船を追っているようなので、これからジョミーたちに接触するのかな?あとキースたちにもそのうち再会しそうですね。
ジョミーがシロエの最期の思念を受け取っていたと聞いて、悲しい気分に…。あまりにもかすかなものだったし、時間的にも助けに行くのは不可能だったでしょうけど…はぁ…。
それからハーレイの号令を聞くたびに吹き出しそうになるんですが…ww

次回「ナスカの子」
カリナとユウイの子ですかね。てかジョミーとサムが再会するようですが…サムの目がやばいしナイフ持ってる!あとブルーを喋らせてー。
スポンサーサイト

テーマ:地球へ… - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
こんにちは♪ 正午です。

「地球へ」
うわっ、懐かしい・・・・っっ! と、叫びつつ、コメントさせてもらっています。
確か、私が小学生の時に映画化だったかアニメ化だったかされた記憶が。
当時の主題歌が切なくて大好きだったのを記憶してます。・・・・年がバレる。
そうか、今期から放映されてるんでしたね。
もうすっかり内容とか忘れてしまっているのですが、今から見ても間に合うかな? やっぱり復習が必要でしょうか。

なんだか微妙なコメントになってますね・・・。すみません(汗)




2007/06/14(木) 08:52:11 | URL | 正午 #eP1cGWnA[ 編集]
んん~どうでしょう…。
話が本格的に動き始めるのは、これからだと思うんですが…。
最初の4、5話までは主人公・ジョミーの、6話から9話はジョミーと敵対することになるキースというキャラの話で、今回の10話から徐々に2人の話が絡み合ってくるっぽいんですよ。原作未読なので、よくは知りませんが(汗)。

ひとまず今度の回で様子見してみるのはどうでしょう?

2007/06/14(木) 23:07:35 | URL | 皐月 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
品質評価 19 / 萌え評価 18 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 15 / お色気評価 2 / 総合評価 11レビュー数 116 件 アタラクシアを脱出して13年。ミュウたちの苦悩の旅は続いていた。地球を目指し、人類との共存を模索する戦いは彼らの身も心も疲弊させていた。タ
2007/06/12(火) 18:10:36 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。