気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- エピソード:第06話「再会 ―惹かれあう想い―」
トア、簡単に考え変えすぎΣ(`д´;)


アルブム――トア捕獲の任務を受けたドラゴノーツは、月に赴きジルアード軍と協力して動く。一方で、自分を探し続けているギオとジンを目撃したトアは…。


いやああああ、L5発症してるうぅー!!(゜Д゜|||)
と叫びたくなるぐらい黒化が進んでいるカズキ。任務から外されてひとり置いてけぼりにされるし、ギオは相変わらずジンと一緒にいるし…。
彼の状況は暴れたくなっても仕方ないけど、あれはどうかと思うんだ。ジンとカズキが再会したら、血の雨が降る…((((゜д゜))))

ジンとギオを目撃したトアが色々苦悩しているところへ店長さんがアドバイス。

「会いたいと思っても、もう二度と会えない事もあるわ。
 あなたは同じ過ちを繰り返さないで。自分の気持ちに嘘をついちゃダメよ」


それを聞いたトアは笑顔でジンのもとへ。
……考え変えるの、早くね?

ジンのところへ行こうとしたトアの前に、ドラゴノーツ登場。ジンはジークリンデ組に捕まり、ギオはハウリングスターを足止め。そしてトアはマキナと会話。

「宿命は変えられなくても、運命は変えられる」

ドラゴノーツとドラゴンの関係に疑問を抱いていたマキナは、トアのこの言葉に心を動かされたようですね。
アキラに逃がしてもらったジンは、無事トアと再会。
抱き合うジンたちを陰から見つめるギオが可哀相(つд`゜)
「邪魔者だ」とハウリングスターに言われていまさら動揺するのはどうかと思いますが、それでもちょっとねえ…。修羅場になりませんように。

なんか設定はいいのに演出が下手で、だんだん感想書くのがきつくなってきたな…σ(´д`;)

次回「追憶―水面に映りし心―」
…………………サービス回。

スポンサーサイト

テーマ:ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。