気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精霊の守り人 第九話「渇きのシュガ」
シュガがやさぐれてる…。

精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) 精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)
麻生我等 (2007/06/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


チャグムの死以来、何も出来なかった自分を責めるシュガ。水妖の穢れを避けるためチャグムの遺品を燃やすことになり、ますます落ち込みはひどくなる…。


今回はやさぐれシュガが立ち直って、旅に出る話ですね。本当にシュガがやさぐれてて、「おいおい」と思いましたよ。

最初に出てきたチャグム母がいい感じに変わっているので、またチャグムと再会できるといいなと思います。しかしこの時のシュガ、逆にチャグム母に慰められてて、ちょっと情けないです。普通逆だろ。

うっかり上司を殴って謹慎処分を受けたりしてたシュガですが、第一皇子の言葉で立ち直りました。皇子とチャグムのエピソードでの、ちびチャグムが可愛かったです。ただ気になるのは、苦言を呈したときのシュガの顔が見たかった!少なくとも今よりは若かったはずですしねっ。

最後、さり気なーくタンダが出てきたのを見て吹き出しました。何してるのタンダッ。しかも意外に図々しいタンダ。シュガが持っている道具に興味を示して「見せてよ」と言ってましたが、シュガは「いいよ」と言ってないのに勝手に見てましたからね!シュガ呆然。
タンダとの会話で、来年旱魃が来る可能性が高いことを知るシュガ。もしかしたらチャグムが生きているかもしれないと思ったところで今回は終了。

今回バルサとタンダがチャグムを見守ってるシーンが、本当に夫婦みたいで、「もうそのままくっついちゃえよ」と思わず呟いてしまいました。いや、ほんとにね。お似合いだよ(笑)?

次回「土と英雄」
次回はバルサ姐さんが、あまりにも礼儀正しすぎなチャグムに荒療治を行う話。どうも賭け事っぽいんですが…。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。