気まぐれ電波
プレイしたゲームや視聴したアニメの感想。やや腐女子傾向あり。ネタバレ満載なのでご注意!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLANNAD-クラナド- 第2回「最初の一歩」
不思議ちゃんが2人も…(´д`;)

CLANNAD -クラナド- CLANNAD -クラナド-
PlayStation2 (2006/02/23)
インターチャネル

この商品の詳細を見る


渚は休止している演劇部の復活を決意する。朋也は入らないものの、彼女の手助けをすることにするが…。


今回は朋也と他の少女たちのふれあいがメインな感じでした。ここら辺はやっぱりギャルゲー原作ですね。

渚の不思議発言は芝居のセリフだったんですね。実はファンタジーだったのかと騙されてしまいました(´v`;)

新たに知り合った少女2人。1人は全国模試でもトップクラスの秀才だけど、授業に出ず1人でなにやらやっている少女。もう1人は誰もいない教室で木片を削り続けてはそれを人に渡し、ある種の怪談として噂されている少女。
2人とも行動が謎すぎて、全然分からん(゜∀。)
ものすごい不思議ちゃんですね。ちょっとついていけないかも…(^ω^;) やっぱり1番好きな女の子は智代です。

春原よ…お前も懲りない奴だな(ノ∀`)
智代は「やりすぎたかな」とか言ってますが、全然。でも智代の蹴りはすごかったですねー。格闘ゲームのコンボが決まったときのような爽快感がありましたww ぶっちゃけ人間の動きじゃないですが。

で、学校では不良として浮いちゃってるはずの朋也ですが…本当に?
結構積極的に話してますよねー。主に女の子としか話してませんが。でも面倒見はかなりいいし(むしろよすぎ?)、これだったらあそこまで浮かないんじゃないかと思うんですけど。

「なんだよ、その他人行儀な口の利き方は!
 俺はあんたの何なんだよ!?」


演劇部復活に向けて頑張る渚。それを手伝う朋也。そして春原の言葉をきっかけに明かされる朋也の過去。バスケのスポーツ推薦で入った朋也は、父親との喧嘩で右肩を痛めてしまい肩より上に上げることが出来なくなり、バスケを止めざるを得なかったのだ…。
多分、父親の他人行儀な言い方はこれが原因なんでしょうね。息子がバスケできなくなってしまったわけですから、相当な罪悪感を抱えてるんじゃないでしょうか。朋也の望んでいるものは、そんなものじゃないんですけどね。

朋也の過去を聞いて驚く渚。そして最後、雨の中傘も差さず朋也を待っていた彼女は、倒れてしまう。
んー、ここの雨のシーンは渚の健気な一面を表してるんでしょうけど、どうしても私的には微妙でした…。身体が弱いという自覚があるなら、傘も差さずにいるのはどうかと。あと朋也も傘を持っていたんだから、渚に上着をかけるよりも先に傘を貸せばいいのにと思ってしまって…。重要なシーンだったんでしょうけど、それよりもそっちの方が気になってしまいました(´∀`;)

次回「涙のあとにもう一度」

スポンサーサイト

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
CLANNAD 1 (初回限定版)演劇部の復活を目指し頑張る渚に、協力する朋也。だが、そんな彼にはある秘密があった・・・。
2007/10/13(土) 16:21:14 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。